2009年9月24日木曜日

M555bがSnow Leopard に対応した

Mighty Mouseは真ん中のコロコロが認識しなくなっちゃうから当初から導入していませんでした。

前からLogicool製品が好きだし、Bluetoothも安くなってきたのでM555bというマウスをMac用に購入。ガンメタリックな黒光りがいいわけです。

このM555b、9月はじめに購入して来たわけですが、Snow Leopardに対応していませんでした。

パッケージには10.3以降って書いてあったから気にしてなかったのだけれど、ドライバーCD入れたらOSバージョンが対応してないとメッセージが…

致し方ないのでLogicool純正のドライバーは諦め、Macの機能拡張項目の中、マウスの設定でBluetoothのペアリングを済ませて使用することにした。

当初は問題ないように思えたのだけれど、何せ横スクロールの機能や中央のボタンは利用できないし、長く使っているとマウスカーソルがぴょんぴょん跳ぶのだ。これは致命的。

そんなM555bでしたが、9月22日にやっとSnow Leopard対応になったようです。

ボタン割付はこんな感じに。

WEBでは横スクロールはほぼ使わないので「コマンド」+←で「戻る」に振り分けた。

これで結構快適!充電というわずらわしさもないし、Hyper-fastスクローリング機能のホイールがなんと言っても使いやすい。

マウスカーソルが跳んでしまう件は未だどうなのかわからないけれど、同じMacのWindows環境ではそんなことはなかったので、やはりドライバーのせいだったのだろうと思う。

ロジクール Bluetoothマウス M555b
ロジクール (2009-07-03)
売り上げランキング: 42


0 件のコメント:

コメントを投稿