2011年6月4日土曜日

T-01Cのブラックアウト

どうにもOSを2.2にアップデートしてからT-01Cの動作がよろしくない。

MENUやディスプレイにさわっても、スリープ状態から復帰せず、ケータイがなっていても着信できない。画面は真っ暗・・・これをブラックアウトと呼ぶらしい。アップデートしてから5回ほど経験している。

これまでは原因がつかめなかったので気づいたときに電源を落として対処していくしか無かった。

電源を落とすのに裏蓋をあけ、バッテリーを抜く作業以外に再起動する方法があった。電源ボタンを気が遠くなるほど長押ししていると電源再投入して起動し始める・・・が、着信があっても電話に出られないのではケータイの意味をなさない。

ブラックアウトが再現される状況
  • 充電台に置いてあるとき
  • Wi-Fi接続になっているとき
  • スリープ状態のときもWi-Fiの接続を続ける設定
  • ブラックアウトからの復帰時には充電できていないことが多い
  • 未だに本体を初期化はしていない
  • SDカードへのアプリの移動はしていても、していなくても再現される
 以上のことから、現在はスリープ状態になるときにはWi-Fi接続を切る設定にし、ソフトウェア更新は夜間、自動で行わない設定した。また、ほとんどが3G接続にして様子を見ている。

 再現性が低く、症状が出るのに非常に時間がかかるので本当にWi-Fiがらみの不具合なのかわからないけれど、この設定で1週間ほど過ごしたが、ブラックアウトの症状は見られていない。

この症状さえ出なければ、今回のアップデートは全体のレスポンスも上がったし、満足できるものだったのだけれどね・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿