2011年7月2日土曜日

E-P3の発表



米オリンパスサイトでは先日、ティーザーサイトで新しいPENの予告が出ていましたが日本のオリンパスでもPENが発表されましたね。

E-P2は2009年ぎりぎりの12月に発売されましたので1年半で後継機種。一般的な一眼のライフサイクルとなります。通常だと新機種と旧機種は半年かぶせて値ごろ感を出すのが一般的、オリンパスのラインナップとしてE-PLシリーズをちょこちょこ出していたのでこの役を担わせていたのだと感じる。

いつまでも1230万画素なのだけれどE-5と同じファインディテール処理、ローパスフィルターのパワーをおさえた機構はちょっと興味はあるけれど、小口径のレンズではどうなんだろう・・・などと考えどころ。

一般受けは画素数が大きい方がよく見えて当たり前。先般のソニーとキヤノンのコンデジの命運はここが大きく起因していると思う。「画素数だけがきれいさではない」と言うのはもちろんだけれど、作り手の気持ちは通じてないのが事実。買い手は同じ値段ならばキヤノンの1200万画素より1600万の裏面照射が欲しいに決まっている。

コンデジからステップアップする人や女性もターゲットになるPENはマーケティング的にも見かけの画素数に気を使った方がいい気がする・・・

いやいや、それでも7月22日発売なので、E-P2をお嫁に出して買い替えを考えてみたりしている自分がいるのです・・・


OLYMPUS マイクロ一眼 PEN E-P3 レンズキット シルバー E-P3 LKIT SLV
新品最安価格:¥ 99,800 (2店出品)
発売日:2011-07-22
メーカー:オリンパス
by amazon通販最速検索 at 2011/07/02

0 件のコメント:

コメントを投稿