2011年7月15日金曜日

L-09Cを導入してみた

2011年7月、性懲りもなくまたモバイルルータなるものを手に入れてみる。以下がその理由だ。
P7140342
  1. なんとなく、自分の住んでいる地域がXiのエリアに入ったような情報を得たという事。
  2. 知り合いのiPad見てたら欲しくなっちゃったタイミングが合ってしまったから。
  3. FOMAのモバイルWi-Fiルータ、DWR-PGが契約1年をむかえ、キャンペーン金額の適用が無くなり通常料金の5985円になるから。Xiの新規加入はキャンペーンで2012年4月までは4935円になる。

LGのL-09C

BuffaloのBF-01Cも発売間近ですが、L-09Cの方が本体が大きい分、電池の持ちがよく、スマートフォンを携帯することもあわせて考えればこちらの方がよいかと・・・
きっとBF-01CはDWR-PG/BF-01Bと色こそ違えど同じ筐体から察するに電池も共通なはず。1880mAhに対してL-09Cは2700mAhを搭載している。
サイズ
高さ 約 122mm × 幅 約 64mm × 厚さ 約 15.9mm
質量
約 156g
電池パック容量
2,700mAh
連続通信時間(3G/LTE)
約 8時間/約 6時間
連続待受時間
約 210時間
充電時間
約 300分(ACアダプタ)/約 390分(USB)
通信方式(ネットワーク側)
LTE
受信時最大37.5Mbps/送信時最大12.5Mbps
3G
FOMAハイスピード対応(プラスエリア対応) 受信時最大7.2Mbps/送信時最大5.7Mbps
通信方式(端末側)
無線LAN
IEEE802.11b/g/n
インターフェース
microSDスロット(SDHC対応(最大32GB))
microUSB 2.0(High Speed)
同時接続台数
10台
国際ローミング
3G
 

主な特徴

  • 次世代通信「Xi」(クロッシィ)の快適さをさまざまなWi-Fi機器にも
エリアに入っていればかなり快適になる予感。どうしても3Gルータだとスマートフォンで自前の回線で通信しているのと同じだから。
  • スタイリッシュボディ&大容量バッテリー
大容量だから大きさはしょうがないけれど、その大きさがスタイリッシュという言葉を打ち消しているように感じる。どっかのお土産のでっかいライターのようです。
  • 無線LAN規格IEEE 802.11b/gに加え、11nに準拠
最近の機器は11nにほとんど対応だからありがたい。

主な頑張って欲しいところ

  • 毎日充電するには作りがちょっと弱いか
USBのフタは幾度となく充電時には開閉が必要。いつかは取れるだろう。クレードルがつけばよかった。
P7140347
  • 設定画面の難しさ
「Japanese」って設定画面に出ているのにほぼ英語で設定が必要になる。
スクリーンショット(2011-07-14 23.26.09)

今度はOCN設定について記載します。

0 件のコメント:

コメントを投稿