2012年4月28日土曜日

「プラスXi割」キャンペーンについて

2012年5月1日より、Xi関連の新しいキャンペーンが始まります。

現在でも「Xiスタートキャンペーン2」が走っている最中ですが、以前には似た名前の3月までのキャンペーンが存在していたり、はたまた、新料金プランが生まれては消え、それがプラン名なのかキャンペーン名なのか混同させられてしまいます。

このことがXiというモバイルサービスの複雑さを相乗しているように感じる一因。

2010年12月24日から始まったXiというdocomoのモバイルデータ通信サービスは、現在、契約時期によって同じ端末を利用している人でも支払額がちがうものになっている混沌世界。

そこに、5月1日より「プラスXi割」キャンペーンが追加されるのだから 全くもってカオスな状態!となるのだろうか・・・

と、その前に「プラスXi割」キャンペーンのイメージを確認してみる。


現在、2012年4月をもってdocomoはXi回線・FOMA回線だけになったので、結論から言ってしまうとdocomoのケータイを既に利用している人は新規でデータ通信を契約する場合、こちらのキャンペーンを利用する方が今までのどのプラン・キャンペーンを利用するよりほぼお得になる。

既にケータイ・Xiのルータ等両方とも契約済で利用している場合でも受動ではないにせよ「プラスXi割」キャンペーンに移行することはできる。

「Xiデータプラン2 にねん」に契約している人は最大6510円+プロダイバー料を支払うところが、3980円+プロダイバー料になるのは非常に大きい。

つまり、今回のキャンペーンは今まで乱発していた数多くのキャンペーンやプランをスマートにわかりやすく統合し、移行に導く意味合いがある。

4月より、Xiのデータプランの下台は2500円からになり、プロダイバーを含めれば3000円を超えるようになったので、本当に利用する人しかXiを契約しないはずだが、以前のプランを利用し、商品の値引き目的の契約してしまった人で回線を眠らせている方はこのキャンペーンを適用しない方がいい。まあ、眠らせている人はdocomoのXiなんて感心無い人だと思うのでキャンペーン自体目にする機会はないと思うけれど・・・

まとめ
「プラスXi割」キャンペーンがお得な人(既にdocomoケータイを所有)
  • 毎月モバイル回線に3980円以上支払うプランに契約している人
  • 家の固定回線の代替と考える人
  • Xiケータイでテザリングするとすぐに電池がなくなるとお嘆きのあなた

「プラスXi割」キャンペーンを適用すべきでない人
  • そもそもdocomoのケータイを利用していない、もしくはキャリアを変えることができない人
  • Xiルータ等を持っているが毎月1000円の2段階プランで契約していて2年間寝かせるつもりの人
  • Xiケータイでテザリングしているので2回線目はいらない人
  • FOMAでもタイプシンプルで通話プランに契約している人

キャンペーン受付期間
2012年5月1日(火)~2013年3月31日(日)

申込み受付窓口
  • インターネット受付
  • 電話受付
    ドコモの携帯電話からの場合 … (局番なしの)151
     一般電話等からの場合 … 0120−800−000
  • ドコモショップ等

※ユニバーサル料金は考慮に入れておりません。

0 件のコメント:

コメントを投稿