2012年8月10日金曜日

auひかりに乗り換え

本日、auひかりに無事乗り換えができたようだ。

NTTのフレッツ光の時には終端装置1つだけだったが、auひかりになるとONUとホームゲートウェイの2つで一対になるようで、こちらは工事の4日前ぐらいに自宅に届けられていた。

なんかごちゃごちゃしている。

auひかりのホームゲートウェイ



工事は午前中指定だったので見てはいないのだが、家の外でのケーブルの引き直しをしていたようで、2時間程度で終了。終端装置を持ち帰った。

そのうち、KDDIの方から来た人が家の中に入って ONUとホームゲートウェイを設置、確認していったそうです。

auひかりの工事日当日には5時くらいまでひかり電話が着信できないようなので、これが困る人は工事の時間帯を遅くしてもらうほうが電話を使えない時間帯を少なくできるようだ。

そして、設定に入る・・・


家に帰宅してからネットの設定をしようと思っていたら、KDDIの人が置いていったのは工事完了報告書だけ。

4日前に届いたホームゲートウェイの箱のなかをひっくり返してもNTTのときのように設定CDや手順書は入っていなかった。

プロダイバーから送られてきた送付物の中にもIDやパスワードは入っているけれど初期設定の類は何も記載されてはいない・・・

「ちょっと不親切?」と、思いながらも仕方ないのでホームゲートウェイの箱に入っていたアタームBL900HW取扱説明書を取り出し、本体に入り込むアドレスを探し出した。

そんなことをしていたら、ふと見ると家人がiPadを普通に使っているじゃないか。

今まで自宅は他人の無線LANを使っていたのか〜

いや、そんなはずはないのでホームゲートウェイに立ち向かう。

ホームゲートウェイにLANケーブルを直接差し込んでアドレスを入力してみる。

192.168.0.1

あれ?どこにもプロダイバーのIDとパスワードを入力する項目がない・・・


どうやらauひかりではホームゲートウェイを送付してくる段階で既にプロダイバーのデータを入れ込んで出荷してくれているようだ。

ちょっと不親切?と思ったのはこちらの間違いで、既に設置が完了している時点で設定は何もいらなかったのだ。

なんと初心者にやさしい作り。

速度はと言うと・・・


自分の環境では、何らNTTのフレッツを利用していたときと体感速度も変わらなかった。

「ギガ得」と言われるフレーズに踊らされてはならないようだ。

まあ、シェアードだからしょうがないんだろうと思う。

毎月の料金が抑えられるのだからこれでもいいのではないかと・・・


0 件のコメント:

コメントを投稿