2012年8月4日土曜日

Mac - スクリーンショットを撮る

MacでBlogを書く際に説明として切り取っておきたいときや、ローカルに保存しておきたい場合に活躍する画面のスクリーンショットですが、主に2つのアプローチがあります。

キーボードのショートカットを使って簡単にクリップするだけでいいとき

 

macのショートカット

 

  • 映っている画面全体
command+shift+3

  • 映っている画面全体をクリップボードへ
command+shift+control+3

  • 選択範囲を撮影
command+shift+4,マウス等でドラッグして範囲を選択

  • 選択範囲をクリップボードへ
command+shift+control+4

  • 選択した1枚のウインドウのスクリーンショット
command+shift+4,手を離してからspace押下

  • 一度選択した範囲を横幅もしくは縦幅だけ固定しながら調整
command+shift+4,shiftを押し続けながらマウスで横または縦の調整

  • 一度選択した範囲を中心に拡大・縮小
command+shift+4,optionを押し続けながらマウスで調整


文字や矢印を説明に使ったスクリーンショットでわかりやすくする


いろいろなものが存在しますが、現在決定的なものはこれ!

Skitch


Androidにもリリースされているアプリ。

スクリーンショットしたものに文字や矢印、所定の場所を丸で囲ったりできます。フリーハンドで書いてもそれなりに線を自動で修正してくれるので絵心に自身がなくてもなんとか絵になります。


複雑な編集は得意としませんが、ささっと作業してクリップ→Blog・EVERNOTEやflickrなどに上げるには最適だと思います。



0 件のコメント:

コメントを投稿