2013年9月10日火曜日

E-M1 発表です



本日、オリンパスから新しいミラーレスの発表がありました。

micro4/3フォーマットであるOM-Dシリーズ中でフラッグシップとしてE-M1は発表されましたが、それと同時に4/3の終焉を迎えたわけです。


今までも、micro4/3のマウントに4/3のレンズをアダプター経由で利用できたけれど、「今度はただ付けられるだけじゃなくで、像面位相差AFを用いて4/3レンズでもネイティブと同じAF速度にもなったよ」

「だから4/3はmicro4/3に統合!」という幕引きになりました・・・

ラインナップの頂点としてE-7(仮称)の存在は期待していましたが、開発を諦めてしまったのは残念です。

デジタルカメラを作っているメーカーとしては、コンデジから一眼レフまで商品ラインナップを揃えてくれていれば、メーカとしての安心感・安定感をユーザーとしては受けられる。

でも、オリンパスのこういう選択と終焉もありなのでしょう。


オリンパスのDLSRも持っている自分ですが、幸い、ハイエンドではないですし、ショックは少なめです。

EVFがお話の通りに素晴らしいものであるなら一眼レフにこだわる必要もないと思っています。

やはり、一眼の大きさはイベントの時じゃないと持ち出す気持ちになれません・・・


ところで、先日リークしたE-M1の動画から切りだされた画像と今回オリンパスのサイトから出されたイメージはなんだか全然高級感が違うように感じました。

印象はコロッと変わっちゃいます。



装着されたレンズの太さが違うからでしょうか?

グリップの質も違うように感じます・・・


amazonではさっそく予約ができるようになっているのだけれど、
Body:10月5日
12-50mmキット:10月5日
12-40mmキット:10月25日発売予定になってますね。






0 件のコメント:

コメントを投稿