2013年9月8日日曜日

Mitoの鉄粉除去



最近洗車していて気になったところが・・・




Mitoのテールの部分に茶色いブツブツの付着が気になってきました。

よく見るとドアの付近にもところどころ付着しているようですし、ボディーもザラザラしてきているような気がします。

砂埃も多少はあるのかもしれませんが、これはいわゆる「鉄粉」でしょう。

シャンプーしたところで落ちてくれません。

鉄粉除去にはネンド>単機能鉄粉除去剤>鉄粉除去機能のある洗剤の順で効果がありますが、ネンドは素人ではボディーに傷が付く可能性が非常に高く、危険大です。

また、遠い昔に鉄粉除去カーシャンプーも使ったことがありますが、効果があったという記憶がありません。

今回はお試しで単機能の鉄粉除去剤にチャレンジしてみます。



「アイアンカット」という響きにつられてアマゾンでポチってみました。

スプレーボトル付きの本製品と詰替え用パックがありますが、スプレーボトルは持っているので、最初から詰替え用パックを選択してしまいました・・・:-p

それでは作業です


1,さっと、砂埃を落とす程度にボディーを濡らしていきます。

2,プシュッ、プシュッっと鉄粉除去剤をそのままスプレーします。

3,独特の紫色に変化する部分とそうでないところが顕著です。


4,10〜15分待ってみます。

5,大量の水で洗い流します。

6,普通の洗車をします。

7,気になっていたテール部分のプツプツも落ちています。

8,最近仕入れたゼロ水で簡単にコーティング。
新製品が出たんですね。

9,関係ないけれど、クルマにセキュリティー対策をしてみた。



注意事項


鉄粉除去剤は鉄粉と反応して鉄粉を落としやすくする反面、ボディーの塗装へのダメージも考えられることから、頻繁に使えるものでもないですし、スズキのスイフトのイエローカラーだとボディーが変色するという危険な情報まであります。

よくある話ですが、目立たない端っこ等で一度様子を見てから使用することをオススメします。


この製品では特に自分のクルマで「色が変わっちゃった・・・」ということは起こりませんでした。

Mitoのボディーカラーは「ビアンコスピノホワイト」です。

しかしながら、自分が使った上で注意点を上げるならば、マスクをするなど、できうる限り反応中の溶剤を吸い込まないように気をつけたほうがいいと思います。

数日間、喉の調子が非常に悪くなった感じがします。( つづけて風邪を引いたのもありますが・・・)





0 件のコメント:

コメントを投稿