2013年10月18日金曜日

Windows 8.1 アップデート


10月18日よりWindows 8.1モデルが各メーカーから出荷されます。

Windows PCは持っていないのですが、Mac miniに最新のWindows OSを入れてみました。



ほとんどMac miniではWindowsを起動することはないのですが、すでにWindows 8 Proが入っていることですし、無償で8.1へアップデートできるのであればその気にもなります。

Windowsは職場でも使いますしね。

ところで、10月18日より順次投入される各メーカー製のPCにはWindows 8.1が搭載されて出荷されるのですが、今回ソニーだけが、何故かWindows 8のまま出荷されます。

Windows 8.1が出荷されるからこのタイミングでモデルチェンジしたはずです・・・


Windows 8.1へのアップデートは簡単


もともとWindows 8を利用している人がアップデートする場合は今までのものとは違い、USBなどのメディアを使ってインストロールするようなことはありません。

マイナーアップデートですからね。

ネット経由で「ストア」からアップデートを行います。


あれ?

私のストアには今までと表示に変化はなく、期待した「Windows 8.1」の表示は出ていません。

一体、どこにWindows 8.1のアップデートがあるのか一通りストア内のページをめくっては巡回してしまいました・・・

Windows 8.1のアップデートは最新のWindows Updateを適用してから


いくら探してもアップデートの表示が出てこないのでMicrosoftのサイトを確認してみたら、Windows Updateの[KB 2871839]適用後でないと「ストア」で表示されないようです。

月に一度くらいしかMac miniでWindowsを利用しないので最新の状況になっていなかったのが原因のようです。

Windows Updeteを適用して再起動を済ませたら・・・

やっとストアでこのような画面が表示されました。




ここまで来るのに一時間くらいかかってしまいました。

Windows 8から8.1へ


見た目がガラリと変わるものではないのがマイナーアップデートですからね。

そう、心に言い聞かせて起動したので感慨深いものはないのですが、きっと来月また起動してみようと思います。

三回程度、再起動を繰り返して無事終了。

おしまい。




0 件のコメント:

コメントを投稿