2014年3月25日火曜日

タッチアップペンを手に入れる


最近、自分のクルマは自分で洗車するようになりました。

洗ってもらうのは完成度に差が出るのは明らかなんですけれど、洗車のメンテナンスに一々日にちの指定があると、忙しいときにはついつい行けなくなっちゃうのが原因です。

自分で洗ってみると気付くのがボディーのダメージなのですが、やっぱり2年も乗っていると所々傷を発見してしまいます。

ファッ!?となる瞬間です。

大きなものは3mmほどバンパーの所に塗装の剥がれが見られました。

バンパーなのでサビは来ない場所なのですが、さらに大きく剥がれても嫌だし、タッチアップペンを購入しました。

意外とカラーはボディー色と比べたら「濃いい感じの肌色」・・・

純正のタッチアップペンはハケが付いてるんですが、これで塗ると恐らくキレイに処理できる自信がないので爪楊枝にて作業を行います。

塗ってみたら本当に傷もわからなくなったのでいい感じです。

0 件のコメント:

コメントを投稿